好野連リーグ 試合方式

 

 

以下のシステムで全16試合を戦う

 

リーグ抽選会

監督会議(3月末開催済)にてリーグ分けのための抽選会を実施

 

1.前年の順位に基づき、1~3位をプール①、4~6位をプール②、7~9位をプール③、10~12位をプール④とする。

2.各プールでリーグA/B/Cに抽選で振り分ける。

3.抽選結果に基づき全12チームを1リーグ4チームの全3リーグに分ける。

 

↓↓

ファーストステージ(全14試合)

各リーグ内チームと2回戦(6試合)+リーグ外チームと交流戦1回戦(8試合)の合計14試合を戦う

 

*勝点が同じだった場合、次の条件で順位を決定する

1.直接対戦成績上位チーム

対戦成績が引き分け(タイ)だった場合

2.ファーストステージ勝率上位

勝率=勝利数÷(勝利数+敗戦数)

*NPBの計算方法と同様

3.ファーストステージ勝利数上位

4.ファーストステージ得失点差上位

5.ファーストステージ得点上位

6.得失点率上位(2013年WBCの制度に倣う)

得失点率(TQB)=(得点÷攻撃イニング数)-(失点÷守備イニング数)

 

7.グランド取得貢献チーム(当該チーム取得グランド使用数の多い方が上位)

 *3チーム以上が同勝点の場合は、2以降を適用

 

↓↓

セカンドステージ(順位決定トーナメント 全2試合)

ファーストステージの順位に基づき順位決定トーナメントを行う(全2試合

 

セカンドステージ初戦の組み合わせはファーストステージ順位決定ルールに基づき4チームでの順位を決定し組み合わせる。

①4チーム中1位 VS 4チーム中4位

②4チーム中2位 VS 4チーム中3位

その後、勝ち上がり・負け残り同士で順位決定戦を行う

 

トーナメントA(1~4位決定トーナメント進出チーム)

各リーグ1位(3チーム)とワイルドカード(1位3チームを除く9チーム中一番勝点の高い1チーム)

 

トーナメントB(5~8位決定トーナメント進出チーム)

トーナメントA・Cに該当しない4チーム

 

トーナメントC(9~12位決定トーナメント進出チーム)

各リーグ4位(3チーム)と4位3チームを除く一番勝点の低い1チーム

 

引き分けだった場合、次の条件で順位を決定する。

1.ファーストステージ勝点上位チーム

2.リーグ内の順位上位チーム

3.以降はファーストステージの基準に従う

(再試合は基本的に行わないが、優勝決定戦のみ双方の合意で再試合を行うことも可)

 

順位決定  

順位決定トーナメントの結果で最終順位を決定する。

個人成績は全16試合で集計する。